透析

透析が必要になったら生活で気を付ける事

カルテ

岡山に限らず、透析治療が必要だと言う事は腎臓の機能が低下した状態です。腎臓は体に不要な物を尿として排泄する役割があります。その機能が損なわれるので体に不要な物がずっと血液の中を流れている事になります。それでも体に影響が無ければ透析治療は必要ありません。しかし、実際は命に関わる事態になります。その為に透析治療が必要になります。
透析治療だけではなく普段からの生活にも制限は必要です。水分の制限、塩分制限、カリウム、リンの制限が主な物になります。特にカリウムが増え過ぎると命に関わる不整脈が起こります。生野菜、生果物、緑茶、野菜スープに多く含まれるカリウムの制限は重要になります。岡山での日常生活から生野菜を食べる習慣を排除しなくてはなりません。それは個人の腎臓の状態にもよりますので、他の人と同じではありません。又、どうしても生野菜を食べたい場合は少しにして、かつ、カリウムの吸収を阻止する薬を飲む事で食べる事も可能です。その場合には便秘にならないように気を付けなくてはなりません。
岡山の透析のクリニックでは適宜採血を行いますので、カリウムの値を注視しておく事が重要です。制限の多い疾患の一つですが、薬を飲みながらでも上手にコントロールする事が大事です。

人工透析の種類について説明します

人工透析は働きの悪くなった腎臓の代わりに機械で人間の血液から老廃物を回収し血液をきれいにする方法です。もし人工透析でなければ腎臓の機能が著しく低下している人は血液をきれいにすることができないので命に関わる危険性があります。透析にはいろいろな種類があるのですがこれから紹介していきます。
人工透析の種類の一つに腹膜透析というものがあります。これはPDと呼ばれており患者本人の腹膜を利用して治療する方法です。この方法は自宅でも行うことができるので寝たきりの老人にも利用できるいい方法です。岡山で通院したとしても月に1回か2回で済むのでとても行く回数が少なくて効率がいいです。腹膜透析で透析を行うと自分の尿がたくさん出てしまう可能性があります。
もうひとつの方法は血液透析というものです。これは透析器を利用して血液から直接不要物を濾し取って透析する方法になります。血液透析は岡山のかかりつけ医に1週間に3回から4回通う必要がありますが一回の治療時間が短いので手軽に利用できる方法です。短い時間で透析を行うため尿が出なくなる可能性があります。
透析は自分が死ぬまで一生通い続ければならない治療法なのでどちらの治療法を選ぶか医者と真剣に相談して選ぶ必要があります。岡山での自分の生活スタイルに合った透析方法を選ぶようにしましょう。

人工透析にはどのような種類があるの?

腎臓の機能が低下してしまった時の治療法の一つに、人工透析があります。腎臓は尿を生成することで、体液の酸塩基平衡を一定に保ったり毒素を対外に排出したりしてくれています。しかし腎不全などになってしまった場合は、腎臓の機能を透析によって代替してあげる必要が出てきます。
人工透析は大きく分けると血液透析と腹膜透析に分けられます。血液透析は血液を一度体外に取り出し、透析器で透析を行ってからまた体内に戻す方法です。一方、腹膜透析は腹部に透析液という液体を注ぎ、体内で直接透析を行う方法です。ですので、一言で言えば両者の違いは透析を体内で行うか体外で行うかという点にあります。
現在、岡山に限らず日本では腎不全患者のほとんどに血液透析が行われています。しかしどちらにも様々な長所と短所があります。例えば血液透析は、血液を取り出して機械で直接処理をするため、しっかり透析を行うことができます。しかし、当然そのような処理は自宅ではできないため、週2~3回ほど定期的に岡山の医療機関へ通う必要があります。また治療に当たって身体への負担が大きいのも難点です。それに対して腹膜透析は基本的に自宅で患者自身が行うことができ、岡山への通院も月に1~2回程度で済みます。しかし血液透析に比べると透析の効率は低くなると言われています。
いずれにしても、自身の生活全体をよく考慮して、医療機関とよく相談の上で治療法を選択することが重要です。


人工透析はきちんとした病院で受けることが大切です。透析が必要な方は岡山へお越しください。きちんとした方法で透析を行ってもらうことができるので、不安要素も取り除くことができます。透析をするとなる不安になる方も多いでしょうが、岡山の専門医なら信頼してお任せできますよ。

Recent Posts

  • 欠かさず治療を受けることが大切な透析

    透析とは、腎機能が通常通りに働かなくなった方が、受ける治療の1つです。健康な人の腎臓は、血液中から、いらなくなった老廃物を取り出し、それを尿として体外へ排…

    Readmore

  • 透析にかかる費用には上限がある

    人工透析は一週間に3回程度の頻度で行う必要があり、一か月に換算すると30万円から50万円という高額な費用がかかります。透析を一度開始すると途中で止めること…

    Readmore

  • 年中無休の人工透析

    症状にもよりますが、人工透析を受けるようになると基本は週3回、透析の設備のある病院で受けることになります。週〇回というのは絶対的な条件になりますので、土曜…

    Readmore

  • 人工透析の一般的な流れ

    人工透析の治療は、一般的に次のような流れで行われます。まずは患者さんの体の状態や疾患の程度に適した透析条件を判断するために、医師や看護師による透析…

    Readmore

  • 欠かさず治療を受けることが大切な透析

    透析とは、腎機能が通常通りに働かなくなった方が、受ける治療の1つです。健康な人の腎臓は、血液中から、いらなくなった老廃物を取り出し、そ…

    Readmore

  • 透析にかかる費用には上限がある

    人工透析は一週間に3回程度の頻度で行う必要があり、一か月に換算すると30万円から50万円という高額な費用がかかります。透析を一度開始す…

    Readmore

Recent Information

  • 年中無休の人工透析

    症状にもよりますが、人工透析を受けるようになると基本は週3回、透析の設備のある病院で受けることになります。週〇回というのは絶対的な条件になりますので、土曜日はもちろん日・祝日であろうがお正月であろうが関係ありません。もちろん透析センターも年中無休です。1回の透析にかかる時間はこちらも症状にもよりますが3時間から4時間ほどです。透析をうけた直後は、腎臓の機能は戻りますが貧血などの症状が出てきて、体力も消耗されます。そんな中でも、人工透析を受けながらお仕事をされてい…

    » Readmore

  • 人工透析の一般的な流れ

    人工透析の治療は、一般的に次のような流れで行われます。まずは患者さんの体の状態や疾患の程度に適した透析条件を判断するために、医師や看護師による透析内容の確認が行われます。次に体重を測定します。通常、人工透析が始まると尿による水分の排出が出来なくなるので体重が増加してしまいます。そのため、血液のろ過を行うためにどれくれいの水分を除くのが適切かを確認する目的で、体重の測定を毎回行います。これらの事前準備の後、最も一般的な血液透析の場合は、点滴を打つ時と同じよ…

    » Readmore